貸切バスで部活動の合宿旅行をしよう

貸切バスで部活動の合宿旅行をしよう 学校の部活動や、地域のクラブなど、様々な団体が存在しています。こういった団体では、合宿旅行と言うものが行われる場合があるでしょう。合宿旅行は技術を向上させるだけではなく、チームワークを強化することもできるもので、部活やクラブなどの醍醐味の1つとも言えるものです。これらの合宿を成功させるためには、指導者や保護者がどのような方法で合宿を行うのかについて十分考えなければなりません。ここでは、その際に知っておきたいポイントの1つとして、「移動手段」の重要性について紹介します。

部活動やクラブなどでの合宿旅行を行う場合、移動手段として公共交通機関は少々利用しにくい部分があります。特にその部活動やクラブの人数が多人数になればなるほど、制御することが難しくなるためです。乗り換えが発生するような場合には混乱を起こしてしまうこともあり、指導者側は行き帰りだけで疲れてしまうことも少なくありません。そのため、できれば公共交通機関ではない移動手段を取りたい所ですが、自家用車で向かう場合については運転手の負担と責任が大きくなってしまい、それも不向きな場合があります。

そういった点を考慮すると、合宿旅行に適した移動手段として考えられるのが貸切バスです。貸切バスは出発地と到着地を設定することによって、ドア・トゥ・ドアの旅行ができる仕組みであるため、前述のような乗り継ぎによる問題が発生しません。また、バスだけではなくバス運転手がセットでレンタルされる仕組みとなっているため、自分たちで運転をするという負担も必要ないのがポイントとなっています。

それでは、その他に貸切バスが合宿旅行に適している点としてどのようなことがあるのかを紹介します。まずは、移動の時間自体を合宿の一部として利用できる、という点を挙げることができます。これについても公共交通機関の場合と比較すると分かりやすいでしょう。公共交通機関の場合、利用者は自分たちだけではなく、他の一般の利用者もいることになります。そのため、あまり大きな声で話すことはできません。これに対して、貸切バスの場合には参加者が自分たちだけであるため、気にすることなく話をすることができます。移動中から合宿のミーティングを行うことができるのがポイントです。

バスによってはマイクやモニターなどが借りられるようになっており、モニターには持参したDVDを流すことができる場合があります。これらを利用することによって、より移動時間を有意義なものとして利用できるようになるでしょう。車内において会話をすることができるため、コミュニケーションを通してチームの団結力を高めることも可能になります。

さらに、料金面におけるメリットもあります。貸切というと高額になってしまいそうなイメージがあるものですが、貸切バスは料金体系に気をつけておけばそれほど高額になることはありません。ポイントとなるのは、貸切バスの利用料金は出庫から帰庫までで計算されるという点です。この距離が長い場合、あるいは移動時間が長い場合については、運転手の交代が必要になってしまい、料金が高くなる可能性があります。バス会社との計画の中で、料金がどうなるのかについてもしっかり把握して申し込みを行うようにすると良いでしょう。

料金については、日中のほうが安く設定されています。夜間や早朝などについては特別料金が設定されており、通常よりも高額になっている場合が多いため、利用する時間については注意するようにしましょう。主に利用することになるのが子供になる部活動・クラブチームの場合、日中の移動の手段として貸切バスを利用した方がメリットが大きくなります。

最新ニュース